介護フランチャイズ会社ならやさしい手がイチオシ!独立開業をしよう

ニュース一覧

黒字倒産を防ぐ

模型

売掛債権を現金化

ファクタリングをすることで、売掛債権を保有している企業はその債権を買取ってもらい、現金化することができます。ファクタリングの場合、売掛債権を売却する先に、手数料を支払う必要があります。しかし、ファクタリングの手数料は手形割引の割引料より安いことがほとんどで、多くの現金を手にすることができます。ファクタリングは日本では新しい概念ですが、多くの企業に取り入れられており、人気が上昇しています。通常、売掛金などの売掛債権を保有している企業は、債務を負っている企業が代金を支払う期日まで、入金を待つ必要があります。しかし、売掛債権の回収日までに、現金が必要になることもあります。仮に、必要な現金を用意できなかった場合、帳簿上は黒字でもキャッシュがないために倒産する、黒字倒産になる可能性があります。ファクタリングが存在するまでは、黒字倒産の危険性があるとき、金融機関からの借入で急場をしのぐことが多く行われていました。ファクタリングをすることで、急に現金が必要になった場合に売掛債権を現金化できるので、借入をすることなしに黒字倒産を防ぐことができます。また、ファクタリングをすると、売掛債権を完全に買取ってもらえるので、賃借対照表で負債になりません。そのため、バランスシートを健全化することが可能であり、金融機関などを相手に有利に立ち回ることができます。さらに、売掛先の企業が倒産したとしても、ファクタリングで債権を売った先に対して、支払い義務は何ら生じません。これらの理由から、ファクタリングは大きな人気があります。

Copyright© 2017 介護フランチャイズ会社ならやさしい手がイチオシ!独立開業をしよう All Rights Reserved.