介護フランチャイズ会社ならやさしい手がイチオシ!独立開業をしよう

ニュース一覧

融資以外の資金調達方法

握手

売掛債権をお金に換える

ファクタリングとは、一言で言うと「売掛金を売って現金を確保する資金調達方法」です。アメリカでは19世紀に利用が始まる意外に歴史は古く、欧米ではごく普通の資金調達方法として定着していますが、日本ではその仕組みは根付いてきませんでした。しかし、日々の資金繰りに頭を悩ませる中小企業にとってファクタリングは有効な資金調達の手段となり得ます。今回はファクタリングを導入するに当たっての審査や契約についてご紹介します。・ファクタリングの審査金融機関からの借入を受ける場合の審査では、会社の業績や財務内容、資産状況に加えオーナー個人の資産調査まで行う場合もあります。その為、時間が掛かる上にハードルも高くなります。一方ファクタリングの審査では、売掛債権自体の価値が重視されるため、売掛先の信用度が高かったり、支払いサイトが短いなど債権自体の条件が良ければ審査は通りやすくなります。融資の審査が通らなかった場合にも、ファクタリングの審査は通る可能性が十分あるので一度業者に相談してみると良いでしょう。・契約方法はファクタリングには売掛先に通知して行う「3社間契約」と、売掛先には知らせずに行う「2社間契約」の2種類の契約方法があります。ファクタリングが一般的ではない日本では、「他社に債権を売る」イコール「経営が危ない」と見なされてしまうこともあります。そのようなリスクを避けるためには、ファクタリング会社と利用者との間だけで行える「2社間契約」を利用すると良いでしょう。一方、「3社間契約」の場合には売掛先にも合意を得て契約書を取り交わす必要がありハードルは上がります。しかし、一度契約してしまえば売掛先から売掛金を直接ファクタリング会社に支払ってもらえばいいので、債権管理の手間が省けたり、回収できなくなるリスクを回避できるというメリットがあります。

Copyright© 2017 介護フランチャイズ会社ならやさしい手がイチオシ!独立開業をしよう All Rights Reserved.